美味しく料理を味わうための割合は

美味しく料理を味わうための割合は

美味しく料理を味わうための割合は 料理というのは、普段の生活で自分で作るものでもあれば、よそへ出かけて行って、誰かに作ってもらい、それを味わって食べるものでもあります。その割合は、私が思うに9割は自分で作り、残りの1割を誰かに作ってもらっていただくのがいいように思います。9割というと大部分ですので、叶うならもっと割合を増やしたいと思われる方は多いと思いますが、自分で作る割合が減り、誰かに作ってもらう割合が増えるにつれて、外食に対する楽しみは減っていくことでしょう。たまに誰かが作ってくれるからこそ、ありがたみも増し、美味しく感じられるのではないでしょうか。

家事の中でも料理を担当しているのは、ほとんど女性だと思われることから、これは特に女性に当てはまることです。そのため、できればもっと外食の頻度を増やして楽をしたいと考えがちですが、ただ楽ができたというだけでは、心底おいしいと感じて食事ができるかどうかは疑問だという気がします。そのため、1割という割合にしておくことで、外食をしたときには、どんな料理をいただいてもおいしいと感じられるようになると思います。それが、普段の食事の支度をしている人への、最高のご褒美であり、おすすめの外食方法の仕方だと考えています。